家を売る時に大変だった事.noticias

家を売る時に大変だった事.noticias

rainbow

Archive for the ‘土地’ Category

とても複雑なものとなる土地の上に成り立つ諸権利関係

土地の権利関係というものが複雑であるのは、同じ土地の上に、複数の権利関係というものが重層的に設定されるためである、と言えるでしょう。

もちろん、このような重層的な権利関係というものは、同じ不動産である建物や、車のような動産の場合にも成り立つものなのですが、土地の場合には、それが人工物ではない天与の自然物であり、かつ唯一にして動かすことができず、さらにはその上に建物や工作物という、使役の対象となるものが付加されるもの、という土地の持つ独特な性格によって、建物にも動産にも当てはまることのない、複雑な重層的権利関係というものが形成されることになるのです。

これが、占有権、所有権というものの上に形成される、地上権や地役権、永小作権といった諸権利で、こうした重層的な土地の権利関係の上に、さらにその上に建つ建物の権利関係というものが作られるわけですから、その不動産の権利関係というものは、恐ろしく複雑なものという様相を呈することになるのです。

その土地の歴史を知っておく

土地の価格は変動しますが、変動するのは立地条件が変わった時だけではありません。
その土地に何かが発見された時や、住むと不便である要素が見つかった時にも変動します。

中にはそういった事が見つかっても、購入者には知らせずに価格を落とさないような業者も存在するので注意が必要です。
事例としては様々ですが、その土地を利用していたのが木材加工会社で、木材を投棄する為の費用を節約する為にその土地に直接埋めていたという事例があります。

埋める事によって地盤が緩くなり、災害時には家の倒壊もあり得るので命に関わる事に繋がります。
これは極めて悪質な事例であり、この様に人によってもたらされた被害以外にも様々な事例があります。

例えば、元々医療施設が建っていたという場合です。
霊感がある人にとってはその土地に住む事は拒まれます。

これは人によって違うので、住んでみるまでわからないことがほとんどです。
この様にその場所に以前何があったかを知っておくことが大切です。

小樽に引っ越して最初に住んだアパート

私が北海道?帰ってきてからトウブンの間は実家暮らしをしていましたが、家庭の事情で独り暮らしをしなければならなくなり、アパートを探す事となりました。
当時私が希望していたのは、家賃が安く駐車場があることとロフトがついている事でした。

ロフトはただ単?私が寝室を欲しかったと言うのが理由です。
不動産屋さんと何軒か物件を見て回り、ロフトがある部屋を見せてもらったものの、イマイチこれと言った物件が見当たらず、結局時間も夜になってきました。

もうこれが最後と言う思いで見せてもらった物件こそが私の住んでみたかった物件にピタリとはまりました。
部屋そのものは1Kでその部屋が8畳程度も普通の間取りなんですが、ロフトが4畳くらいの広さだった事、家賃も駐車場込みでも40000弱で安かった事、更にそこから見る夜景がたまらなく感動しました。

これなら仕事で疲れて帰ってきてもこの景色を見ていると癒される、と言う気持ちで即決、結局そこには4年ほど住ませてもらいました。

続き地の土地を買うか買わないか迷っている

道路一本挟んだ住まいの目の前の土地を買うか買うまいか、買うとしたらいつ頃がいいのか、資金手当てはどうするのか、名義はどうしたらいいのかなどで迷っています。
この土地の広さは33坪と狭い。

この土地の隣に私の借家があって続き地になります。
  もしこの土地を購入して一筆の土地にすれば面積は110坪になり土地全体の価値が上がることは間違いないと思います。

33坪の土地は5メートル程度路線価の高い道路に面しているので評価で有利になるのです。
  先日偶然にこの土地の所有者と話をする機会がありました。

立ち話でしたが私の感じでは路線価程度の価格で手放してもいいようなことを言いました。
私は「買う」と言いたかったのですが、先にも書いたような思惑がいろいろと頭の中を駆け巡って、ぼんやりとしたことしか言うことができませんでした。

  資金繰りなど将来のことをいろいろ考えると自縄自縛になってしまいます。
思い切りも大切ですが、思いきるほど値打のある行動なのかとも考えてしまいます。

今しばらく考えたいと思います。

どんな家に住んでいても近所づきあいを忘れずに

集合住宅に住んでいると、災害があった時にお互い助け合えていいですよね。
もちろん普段からのコミュニケーションが必要になってくるわけですが、できるだけ多くの人と交流を持って過ごしていきたいものです。

マンションやアパートはお隣さんとの距離が非常に近いです。
だからこそ積極的に挨拶や会話をこなしていくべきでしょう。

私も普段から誰かに会ったら挨拶を交わしたり会釈をするようにしています。
当たり前のことですが、これができない人と言うのは意外と多いのです。

同じ集合住宅に住んでいるのだから会釈ぐらいはしてほしいと思ってしまいます。
知っている人でも知らない人でも、人と人とのつながりと言うものは大切なものです。

いざと言う時に困ることがないように、しっかりと目を見て挨拶を交わすことが必要だと思います。
一軒家に住んでいても、近所の人との交流を忘れてはいけません。

どんな家でも住まいは住まい。
近所づきあいをしっかりしておくことで、不安のない将来を生み出すことができます。

土地を買うと一緒に家が付いてくる

家を建てる場合は、土地を購入してから建てることが一般的とされています。
しかし古家であれば、土地を購入した際に付いてくることもあるのです。

これは家が不動産としての価値を持っていないため、土地と一緒に売りに出されているということです古家と言われているだけあって、中はリフォームを施さない限り住めない状態となっています。
古家のある土地を購入したい場合は、家の中も見なければなりません。

中を見て使えそうだと思ったら、リフォームをして利用すればいいですし、駄目なら解体して家を建て直せばいいのです。
土地を購入した段階で、どのように利用するかは自由となっています古家のある土地というのは、安く物件を購入したいと考えている方に人気です。

そのためネットの土地検索サイトでも、こうした情報を特集として配信していることがあります。
土地と一緒に無料で不動産まで貰うことができるなら、とてもお得な感じはすると思います。

使い方は自由なので、中を見て判断するといいでしょう。