家を売る時に大変だった事.noticias

家を売る時に大変だった事.noticias

rainbow

どんな家に住んでいても近所づきあいを忘れずに

集合住宅に住んでいると、災害があった時にお互い助け合えていいですよね。
もちろん普段からのコミュニケーションが必要になってくるわけですが、できるだけ多くの人と交流を持って過ごしていきたいものです。

マンションやアパートはお隣さんとの距離が非常に近いです。
だからこそ積極的に挨拶や会話をこなしていくべきでしょう。

私も普段から誰かに会ったら挨拶を交わしたり会釈をするようにしています。
当たり前のことですが、これができない人と言うのは意外と多いのです。

同じ集合住宅に住んでいるのだから会釈ぐらいはしてほしいと思ってしまいます。
知っている人でも知らない人でも、人と人とのつながりと言うものは大切なものです。

いざと言う時に困ることがないように、しっかりと目を見て挨拶を交わすことが必要だと思います。
一軒家に住んでいても、近所の人との交流を忘れてはいけません。

どんな家でも住まいは住まい。
近所づきあいをしっかりしておくことで、不安のない将来を生み出すことができます。

Comments are closed.