家を売る時に大変だった事.noticias

家を売る時に大変だった事.noticias

rainbow

とても複雑なものとなる土地の上に成り立つ諸権利関係

土地の権利関係というものが複雑であるのは、同じ土地の上に、複数の権利関係というものが重層的に設定されるためである、と言えるでしょう。

もちろん、このような重層的な権利関係というものは、同じ不動産である建物や、車のような動産の場合にも成り立つものなのですが、土地の場合には、それが人工物ではない天与の自然物であり、かつ唯一にして動かすことができず、さらにはその上に建物や工作物という、使役の対象となるものが付加されるもの、という土地の持つ独特な性格によって、建物にも動産にも当てはまることのない、複雑な重層的権利関係というものが形成されることになるのです。

これが、占有権、所有権というものの上に形成される、地上権や地役権、永小作権といった諸権利で、こうした重層的な土地の権利関係の上に、さらにその上に建つ建物の権利関係というものが作られるわけですから、その不動産の権利関係というものは、恐ろしく複雑なものという様相を呈することになるのです。

Comments are closed.